ゲームを創りたい、その思いが止められないなら!おすすめの専門学校

ゲームを創りたいならUnityに強い学校を

ゲーム制作は、Unity以前とUnity以後で、環境が大きく異なるといっていいでしょう。
Unityとは、ご存知の人も多いでしょうが、C#やJavaScriptなどの言語を用いてゲームを創ることができるソフトです。現在では、大手のメジャータイトルもUnityで創られている場合があり、ソーシャルゲームの多くはUnityで制作されています。
Unityがサービスを開始する以前は、プラットフォームが各ハードで異なっていました。そのため、専門学校では就職先の環境に近いゲーム制作法に特化して教えていました。そのため、専門学校によって就職後のゲーム環境が限定されていたといえます。しかし、Unityの普及でハード関係なしにゲームを創れるようになり、その分Unityに強い学校を選ぶことが専門学校選びの最優先事項になったといえます。

Unityでも役割分担は必要

では、専門学校でUnityを覚えたら、クリエイターとして万能なのでしょうか。
確かに、Unityのみでゲームの全てを創ることができるといえます。ゲームシナリオもプログラムも3DなどのグラフィックでさえもUnityの機能に含まれるからです。
しかし、ゲーム業界が求めているのは、ゼネラリストの側面よりスペシャリストの側面を持った人材です。もちろん、プロデューサー的立場のクリエイターは一段上の視点で制作を管理するのでゼネラリストの能力が必要でしょう。だが、実際のゲーム制作では、各要素に特化したクリエイターの方が安心して仕事を任せられるのです。
Unityの普及で1人でゲームを創れるようになりましたが、大きなプロジェクトでは役割分担は重要なのです。その役割を遂行する能力は、専門学校で磨くべきスキルだといえます。